パチンコ店長という仕事・職種の市場価値は?

パチンコ店の仕事・スキル 2018/6/22

 

目次

 

もし転職するとしたら、それもパチンコ業界以外ならどんな仕事が自分には合っているんだろう、、、

あなたはそう考えたことはありませんか?

年々厳しくなる出玉規制やホールでの客足の減少を目の当たりにすると、この業界で働く誰もが一度は頭に浮かんだことがあるのではないでしょうか。

1.パチンコ業界の将来は不安?

新たな出玉規制や2020年の東京五輪をめどにした公営カジノの建設など、確かにパチンコ業界には逆風が吹いているのは事実です。

パチスロ4号機の撤去という非常に大きな出来事があった2007年頃からみると、当時30兆円産業と言われていた市場規模は2012年までの5年間で約15%縮小し、以降もその傾向にあります。

でも、少し考えてみてください。

市場規模が縮小といいましたが、そもそもが30兆円の市場規模自体、とてつもなく大きなものです。

裾野産業の代表的なところでは自動車業界が約68兆円。銀行業界で約25兆円、鉄道業界で約15兆円です。いずれも歴史ある業界ですが時代とともに変化を遂げてきた業界ではないでしょうか?そして、今なお戦っている業界です。

パチンコ業界だって、時代とともに旧態依然としたパチンコホールは閉鎖を余儀なくされ、市場のニーズに応えられるパチンコホールが生き残る、単純にそんな話です。

あなたの勤務しているホールがどのようなタイプかわかりませんが、キレイな多機能トイレを設置したり、ステキなカフェテリアで食事ができたりなど、付加価値を高め差別化を行うことで強い集客力を持つパチンコホールは存在します。

2.パチンコ店長という仕事・職種の市場価値は?【年収ベースで見る】

私たちが独自にまとめた「パチンコホールで働く正社員の平均年収に関する調査結果」では、パチンコ店長の平均年収は ” 約601万円 ” で、縮小し続けるパチンコ市場ですがパチンコ店長の平均年収は10年前とほとんど変わっていませんでした。

そして、このパチンコ店長の平均年収601万円というのは世間的に見て高いのか、低いのか?調べてみました。

まず、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査(最新の平成28年版)」によると、給与所得者の全体平均年収は約422万円となっていたのですが、年収ベース構成を独自算出したところ以下のような結果となりました。

【平成28年民間平均給与(年収)の構成】

※国税庁|1年勤続者の給与階級別給与所得者数より引用・算出

平均年収601万円~700万以下というのは約6%で、601万円以上のトータルは全体の2割程度でした。即ち、パチンコ店長の年収は全体平均よりも高く、尚且つ601万円以上の約2割に含まれる仕事、職種となります。

また、一般的に有名な某大手転職サービスのデータを見たところ、年収600万円台のビジネスパーソンの割合は全体の約5%という結果でした。これは正社員、契約社員、派遣、アルバイトなど雇用形態を問わないすべてのデータで、このうち正社員のデータに絞ってみても年収600万円台は約6%ということでしたが、その年収ベースに多く見られた職種は以下のようになっていました。

20代では…

公認会計士、税理士、MR(医薬情報担当者)、MS(医薬品卸販売担当者)、DMR(臨床検査薬情報担当者)、薬剤師、管理薬剤師、CRA(臨床開発モニター)が多く、国家資格を持って働いている専門職か、医療系専門職が中心です。

30代になると…

公認会計士、税理士、経理、財務、CRA(臨床開発モニター)、弁護士、弁理士、法務、知財・特許、薬剤師、管理薬剤師、人事、労務となっています。ただし経理や財務、法務や人事関連職で年収600万円台のビジネスパーソンの多くが、行政書士や税理士、公認会計士や司法書士など仕事に関連する国家資格を取得しているケースが多く、資格による専門スキルが年収に影響していると見られます。

40代では…

公認会計士、税理士、経理、薬剤師、管理薬剤師、管理職、公務員、企画営業、財務、財務関係、弁護士、弁理士、法務、看護師など、20~30代に見られた職種とともに、公務員や営業職、看護師などが出現しています。

このように有資格職種が多いことがわかるかと思います。要はパチンコ店長の年収ベースはこれら職種と比較しても遜色なく、無資格で有資格職種と同等の収入を得ているということになります。

もちろんこれらのデータが10年先のあなたの年収を保証してくれるものではありませんが、現時点の年収ベースで見た場合、「パチンコ店長という仕事、職種の市場価値は高い」といえるのではないでしょうか。

それだけパチンコ市場、売上規模は大きく、運営管理するパチンコ店長の責務も相応に大きいということです。しかし、当然のことながら売上に見合う対価を提供し続けることができなければ存続することは困難です。ひょっとしたらあなたの勤務しているホール企業が倒産してしまうかも知れませんし、そうなればあなたは新たな職場を見つけなければなりません。

でも、ここで私たちが伝えたいのは ” パチンコ業界の将来は不安だから転職したほうがいい ” ということではありません。

私たちが伝えたいのは

・パチンコ業界はますます厳しくなり、生き残るパチンコ企業とそうでないパチンコ企業にはっきり分かれる

・そのなかで職業キャリアを積み上げていくには自分のスキルと経験を正しく自己評価して正しい情報をもとに行動と決断をしていく

ということです。

あなたには失敗してほしくないので以前、私たちに相談に来られた方のケースをお話します。

3.パチンコ店長 佐藤 さん(仮名)の転職失敗事例

異業種に転職したものの1年も持たずパチンコ業界への再就職に追い込まれてしまった佐藤さん(仮名)38歳。

転職して1年も持たなかったからと言って、彼がいいかげんな気持ちで転職したわけではありません。もちろん、責任感が足りなかったわけでもありません。

彼は10店舗を抱えるパチンコ企業で一つのホールを任されていた店長でした。それに養うべき奥さんとまだ小さい二人のお子さんもいました。決して、中途半端な気持ちで転職したわけではないのです。

佐藤さんは体育会系で情に厚く、お客様だけでなく、社員やアルバイト、取引先など周囲からの人望ある人でしたが、パチンコ業界の将来に不安を覚え、不動産投資の業界に転身したのです。

でも、転職の結果は残念ながら、、、

パチンコ店長として働いていた頃の年収は600万円程度でした。でも不動産投資の営業職では350万円ほどに下がり、約250万円もダウンしてしまったのです。

「まさか、こんなはずじゃ、、、」佐藤さんは困惑しました。

でも、一年が過ぎて現実問題として収入は激減してしまいました。不動産投資に慣れてくればもっと稼げるはず、、、じつは、そんな簡単な話ではなかったのです。

営業力に自信はあったし、タイプ別のコミュニケーションの仕方だってよく知っていた。でも、こんなに苦戦するなんて。。。そして、他業種に転職したことをひどく後悔していました。

4.パチンコ店長 佐藤さん(仮名)の転職失敗理由とは?

あなたも不思議に思いませんか?

営業力が大事なのはホールの店長も不動産投資の営業も同じ。なのに、どうしてここまで年収に開きが出てしまったのか?じつは自分のスキルとその活かした方に違いがあったのです。

佐藤さんはホールの店長をしていた頃は、いろいろなタイプのお客さんに対応したり、多くのスタッフやアルバイトの採用・教育に関わってきたり、遊技機メーカーや販社、パチンコ機器の納入業者やホール設備の業者などと折衝していたのでコミュニケーションにはかなり自信を持っていましたし、それは間違った自己評価ではありませんでした。

でも、営業スキルとしては「受動的」であり、「能動的」ではなかったのです。

どういうことかというと、店舗運営の責任者としての営業は「受ける」ことから始まるのに対して、不動産投資の営業は「攻める」ことから始まります。不動産投資は「攻める」ことで相手との良好な関係性を構築することが求められる営業スキルなのです。

たとえば、

・経営者が参加するゴルフコンペに参加して見込み客を探す

・異業種交流会に参加して人脈を広げてお客さんを紹介してもらう

・不動産投資に興味がありそうな人に片っ端から電話をして、会う約束を取り付ける

これらはほんの一例ですが、コミュニケーションの入り方が今までと違い、彼の培ってきたスキルが十分に活かせなかったのです。

このまま不動産投資の営業を続けていても店長時代の収入まで戻すのは気の遠くなる話。経済的にも厳しい状況でいつまで家族の理解が得られるかわからない。そう考えると手っ取り早く収入を戻すには十分な経験とスキルを活かせる、元のパチンコ業界の店長という仕事。

じつは佐藤さんの経験とスキルを活かせる業界はパチンコ業界以外にもありました。でも、彼の場合、異業種への二度目の挑戦する時間的、経済的な余裕はなかったのです。

5.業種問わず、転職で後悔しないための秘訣とは?

 それは、あなたの持ち味を活かせるフィールドを知ることです。

“ 彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず ”

これは、自分の強みを理解して相手のことを理解すれば百戦して百勝するという、孫子の言葉です。あなたも一度くらい、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

このほかにも、ビジネスにおいては

・自分の強みを知れば、相手を知らなくても百戦して半分くらいは勝てる
・自分の強みを知らず、相手を知れば百戦しても半分くらいは負けない
・自分の強みを知らず、相手を知らなければ百戦して百敗する

なんて言われています。

転職だって同じですよね?

自分の持ち味を正しく知っていれば、それを活かせる業種がわかるし、そうすれば「成長できる可能性 」は高くなり、成功に繋がっていくはずです。

そのためには自分のスキルと経験を一度しっかりと棚卸ししてみる。自分の興味のある業界の客観的な情報を手に入れる。そのうえで判断し、決断していく。

転職に失敗する人の多くは自分の持ち味を正しく知らなかったり、客観的な情報が足りなかったりします。(自分で集める情報って、偏りませんか?)

自分を知って相手を知る、転職しないということも選択肢のひとつです。

6.結びに

転職は人生の一大事。それも養うべき家族がいればなおさらですよね。

失敗できない、、、

そんなプレッシャーがある人ほど冷静に自分を見れなかったり、情報不足、準備不足で飛び込んではいけないところに飛び込んでしまったりします。

そんな話を私たちはイヤというほど聞いてきました、、、

でも、逆に言えば正しく自己評価して正しい情報があれば、悔いのない選択に繋がります。これは私たちが自信を持って言えることです。決して恐れることはありません。

今すぐ転職したい

パチンコ業界のプロがあなたの転職をサポート

3分で完了!!転職サポートお申込み 無料

在職中なので、個人情報が漏れると困ります。
当社はプライバシーマークの付与認定を受け、皆様が安心してご利用できる環境を整えています。また、企業へ紹介する際も在籍企業名や住所・年齢・氏名などから個人を特定出来ない様にご案内する事が可能です。パチンコ業界の特性を理解しているからこその知識やノウハウもあるため、安心してご利用する事ができます。

慎重に転職したい

自分の状況にあった求人を提案して欲しい方

転職アドバイザーから求人紹介を受ける

自分で求人を探してお問合せしたい方

求人を自分で見極める 求人情報を見る

3分で完了!!転職サポートお申込み 無料

求人情報の提供を希望する方もこちらから登録してください。

  • ハイキャリアの転職 あなたに合ったプレミアムな案件を
  • 個別相談会を実施中 毎週水曜・金曜参加希望はこちらから
  • 年収査定サービス 適正な年収はいくら?
  • 関西特集

    関西特集

    関西(近畿)は自分で選べる即戦力求人がたくさんある!

  • 北海道特集

    北海道特集

    北海道はスピード選考。申込みから1ヶ月以内の勤務可能!

  • 転職成功談

鎌鼬まさおの選択

パチンコ店主任のまさお。
入社8年目の悩みが多数。
パチンコ店への転職を考えているが
はたして・・・?

最近のストーリー

採用情報

プライバシー

株式会社パック・エックスはプライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。また、当サイトでは皆様が安全にご利用が行える様に、高度な暗号通信を用いたプライバシー保護を実施しています。

ページトップ

COPYRIGHT © Pac.EX CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.